ペット可賃貸物件の住み心地を調べました

ペット可の賃貸物件について

ペットを飼っている方が、賃貸で物件を探す際に条件として必要なのが、ペット可の物件に契約することです。
集合住宅では、ペットを飼うには自分だけの問題では無く、周りの人たちの理解や協力が必要となるので、ペットを飼育してはいけない物件で勝手にペットを飼うのはルール違反ですよね。たまに内緒で飼っている方も見たり、聞いたりしますが、やはり少し迷惑となります。
ですが、ペット可の物件は、やはりいざ探すとなかなか見つけるのが大変です。
普通の物件よりも少ないので、自分が物件を探してる時にいい物件があるかどうかは運もありますよね。周りの友達にもペットを連れて賃貸契約した人は数人いますが、希望の最寄り駅や、予算内で住んだ人はいなかったです。
そんなわたしも爬虫類のペットがいたので、実家から一人暮らしをする時に、はじめはペット可の物件を探していました。インターネットで最初は見ていたのですが、やはりなかなかいい物件は見つからなくて、不動産屋さんに直接聞いた方が分かるかと思い、不動産屋さんに足をはこびました。

賃貸を探してることと、爬虫類のペットがいることを伝えると、ペット可の物件は一般的に犬、猫、猿などのペットを飼える物件というものなので、熱帯魚や爬虫類などのペットなら、ペット可の物件にこだわらなくても平気だと思うと言われました。それからわたしは気に入った普通の物件で爬虫類のペットがいることを大家さんに伝えた上で、賃貸契約を結ぶことができました。なので、ペットといっても小さなケースで飼えて、鳴き声や匂いがないペットはそこまで神経質にならなくても良いようです。
犬や猫や猿などは、熱帯魚や爬虫類やハムスターなどとは違って、家の中を自由に行き来しますし、壁なんかも爪などで傷つきますよね。そういった点も含めてペット可の物件は、心配無く住めるということです。
今ではペットがいる方専用の賃貸なんかもあるようですね。屋上が芝生で解放されていて、犬や猫を自由に走らせてあげられるスペースがあったり、マンションのエントランスに水飲み場を設けていたりと、ペットを飼っている方にも、ペットにも優しい環境作りをしているみたいです。
わたしもペットは家族の一員だと思っているので、それぞれが気持ちよく住める環境に住めるのはとても良いことですよね。なのでペットを飼っている方は、ペット可の物件に住む必要があるのだと思います。


Copyright(c) 2017 ペット可賃貸物件の住み心地を調べました All Rights Reserved.